朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第23回2017/1/24

 連載の毎回に感想を書いていると、作品の設定と伏線に眼が向く。
 
 【設定】 立花組の新年会は、老舗の料亭で開かれていた。 

 これは、立花組、権五郎が圧倒的な力を持っていることを示している。ヤクザの世界だから、常に殴り込みをされる危険を抱えている。だが、それを恐れないほどの力があったということだ。だからこそ、油断があったのであろう。料亭花丸では、殴り込みをかけられたら、どんなに屈強の子分を抱えていても、どんなに武器の扱いに慣れていても、地形的に不利で、しかも肝心の武器が手元にない状況だった。

 【設定】 権五郎が絶対絶命の場面に、愛甲会の辻村と、歌舞伎役者二代目花井半二郎が登場している。

 辻村にとってみれば、宮地組は亡き親分の仇だ。もし、権五郎が殺されたなら、宮地組は辻村にとって二重の仇になる。
 権五郎は、今は逃げるしか助かる術はない。だが、逃げようとはしていない。

 (略)すぐにでも階下に戻ろうとするのですが、(略)
 
 権五郎は、子分たちを見殺しにできない。自ら、死地に向かう前に大切なことを言うのではないか。言う相手は、辻村だけでなく、半二郎へも何かを伝えると思う。

 【伏線】 半二郎はヤクザではなく、歌舞伎役者。しかも、今は歌舞伎の舞台を思わせる顔つきにさせられている。

(略)まるで火焔を象った歌舞伎の隈どりのようでもあります。