朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第65回2017/3/9

 この様子では、喜久雄は挨拶だけ。徳次に至っては、この家に入ってからは、ほとんど喋っていないのではないか。