朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第130回2017/5/14

 やはり。
 それにしても、徳次らしい。

 そして、半二郎の次の言葉がカッコイイ。

「(略)あとで世話かけられるより、先に世話焼いたるほうが」マシや。

 
これで、徳次の身の振り方が定まったようだ。