朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第167回2017/6/21

松王丸  
①「源蔵」が匿っている「菅原道真」の若君、「管秀才」の首実検をする立場。
②忠義に従えば、かつて仕えていた「菅原道真」の子「管秀才」の命を助けねばならぬ。
③「源蔵」が「管秀才」の身代わりを出すであろうことを予測して、我が子「小太郎」を「源蔵」の寺子屋に行かせた。
④寺子屋へ「小太郎」を連れて行ったのが、母の「千代」で、「千代」も我が子が身代わりになることを覚悟していた。
 「松王丸」は、自分の役目と「菅原道真」の子「管秀才」を救うことの板挟みになる。そして、我が子の命を犠牲にして、主君の子を救うという忠義の道を選んだ。

半二郎
①我が子の俊介のライバルになるようにと、喜久雄に役者としての修行をさせた。
②自分が事故に遭ったときに、芸では我が子よりも優れていた喜久雄を、代役として指名した。
③自分が「白虎」を襲名し、俊介に「半二郎」を襲名させることが、花井の家の主としての役目である。
④目が不自由になった今、出奔中の俊介を待っていたのでは、襲名ができなくなるかもしれない。
 自分が「白虎」を襲名し、喜久雄に「半二郎」を襲名させれば、俊介の歌舞伎役者としての道を完全に閉ざすことになる。名跡を取るか、我が子を取るか、の板挟みになっている。

 役としての「松王丸」と、今の半二郎の思いは重なるところがある。演目の中の「菅秀才」と「小太郎」が、喜久雄と俊介とに、重なってくるのであろうか?