あらすじ 第176~200回 第八章 風狂無頼

 四代目花井白虎と三代目花井半二郎の同時襲名披露の初日、口上の席で吐血した白虎は、救急車で運ばれ緊急入院する。診断は、糖尿病と膵臓癌の併発による余命半年というものだった。襲名披露公演は、全て中止となり、興行会社社長の梅木も責任を取らされ、左遷となる。
 喜久雄は、襲名はしたものの白虎と梅木の二人の後ろ盾を失う。白虎の復帰が望めなくなり、喜久雄は人気の立女形(たておやま)姉川鶴若(あねかわつるわか)の下に預けられる。鶴若は、喜久雄を冷遇し、喜久雄の役を奪った上に地方巡業に回してしまう。

 地方巡業に回る前に、喜久雄は白虎を病院へ見舞う。病室では、白虎が『仮名手本忠臣蔵』の台詞を呟いている。喜久雄に気づいた白虎は、両手を差し出して喜久雄を迎え入れる。病室で二人きりになった喜久雄は、白虎に「なんや実の親父といるみたいですわ。」と言う。その言葉を聞いた白虎は、喜久雄に何かを伝えようとするが、それは言葉にならない。ただ、「おまえに一つだけ言うときたいのはな、どんなことがあっても、おまえは芸で勝負するんや。どんなに悔しい思いをしても芸で勝負や。ほんまもんの芸は刀や鉄砲より強いねん。おまえはおまえの芸で、いつか仇(かたき)とったるんや、ええか?約束できるか?」と言う。
 大阪の家に戻った喜久雄は、幸子が新宗教を信じ込んでいる様子を目の当たりにする。
 喜久雄が大阪の家にいる時に、病院から白虎危篤の知らせが入る。喜久雄は、白虎が幸子と自分を待っていると信じて、幸子を伴い病院へ駆けつける。だが、病室から聞こえてくる死を間近にした白虎の声は、我が子俊介を呼ぶ叫びだった。それを聞いた喜久雄の口からは、「すんまへん‥‥」という言葉がこぼれた。
 昭和50年7月18日、白虎の葬儀告別式には歌舞伎界、日本舞踊界、故人を偲ぶ約千人が参列した。

 地方巡業の舞台を勤めている喜久雄の所に三友の経理担当者が来る。経理担当者は、白虎の自宅は借金のかたに三友が譲り受けることになっており、今年中には自宅を明け渡してくれ、と言う。
 白虎は、自宅を抵当に入れ、巡業に回ったり、人気歌舞伎役者として世間をがっかりさせないために金を使っていたのだった。
 喜久雄は、幸子をがっかりさせないためにも、その借金を自分が相続できないかと持ち掛ける。三友本社にも思惑があって、喜久雄のその頼みは受け入れられる。
 喜久雄は、自分に何の貯えもないのに、億を超える借金を背負うことになった。

 喜久雄の娘、綾乃は幼稚園の桃組で一番強い子に成長している。