朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第213回2017/8/7
 
 赤城洋子が死んだと思っていたら、命は助かっていた。
 物語が大きく発展する要素が少しずつ姿を現す。前に予想したこと(206回感想) のほんの一部も当たっているかもしれない。
①喜久雄に歌舞伎以外の活動の話が出てきた。
②赤城洋子のことに関わって、辻村の名が出てきた。
③喜久雄が歌を口ずさむ場面が出てきた。

 喜久雄の八方塞がりの現状を救う登場人物として、今は徳次と弁天が物語の舞台に立っている。しかし、この二人だけではどうしようもないであろう。
 徳次と弁天が動くと、どうしても春江を思い浮かべてしまう。いきなり、俊介の再登場までいかなくても、春江が何かを引き出すのかもしれない。
 また、辻村が赤城洋子を救うとなれば、喜久雄は辻村に近づかざるを得ない。辻村が、喜久雄のために何かをすれば、その見返りを必ず求めるはずだ。赤城洋子を助けた見返りを、辻村に要求されれば、喜久雄は歌舞伎以外の舞台に立たざるを得なくなるだろう。
 辻村や春江だけでなく、物語を転換させる人物も現れるだろう。
 喜久雄の現状を打破する出来事は、歌舞伎の現状を打破する出来事にもつながるのかもしれない。
 先の展開に、期待が膨らむ。