朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第27回2017/7/14 第五話 篠村兄弟の恩寵⑤ 第5話了

あらすじ 
 靖は一人ではあるが、嶺田さんにメールをしたりして、試合前の時間をのんびりと楽しんでいる。試合は、リードされていた奈良が後半得点して、3-2で伊勢志摩に勝利した。奈良FCは、プレーオフに行けることになった。そして、伊勢志摩ユナイテッドの窓井はこの日の得点で、得点王になった。
 移籍前のチームである奈良のサポーターの前で、お辞儀をする窓井を見ながら、靖は、改めて窓井をかっこいいと感じた。
 選手たちの挨拶が終わった後、靖は、昭仁の姿を捜す。昭仁とは、会う約束もしていなかったので、捜すのをあきらめようとした靖の目に、兄を待っている昭仁の姿が入ってきた。

感想
 チームを応援する兄と、一選手を応援する弟の両者が対決する最終節だった。兄の応援するチームが勝ち、弟の応援するチームは敗れはしたが、応援している選手は得点王になった。
 実生活では、助け合ってきた兄弟が、兄の転勤で別れる日が近い。兄の靖は、弟の昭仁のことを心配していたが、この最終節で互いのわだかまりが解消した。
 心配する方は、相手のことを思っているようで、実は自身に不安があるからなのだ、と感じる。これは、兄弟の場合でも親子の場合でも当てはまるであろう。
 第1話から第5話まで、現代を普通に生きる人々が描かれている。そして、その普通に生活している人々の悩みが、緩やかに解消されていく様子が描かれていて、読んでいてほっとする。
 ただ、その悩みや不安の解消が、全てサッカー観戦だというのは、サッカー観戦に興味のない私にはなんとも腑に落ちない感じがしてきた。