あらすじ 201~225回 第九章 伽羅枕

 白虎の借金を背負った喜久雄は、スケジュールに空きさえあれば、地方営業に向かわされている。地方営業では、土地の金持ちにも付き合わねばならないし、宴席のクラブで、踊れとまで言われる。
 一方、肝心の江戸歌舞伎の舞台では、後見人の鶴若からますます邪険にされ、腰元のような端役をやることが、まるで当たり前のようになっている。
 そんな八方塞がりの喜久雄を見かねていた徳次の所へ弁天から、喜久雄の映画出演の話が舞い込む。その映画『太陽のカラヴァッジョ』は、今や世界的な巨匠となっている清田誠監督の作品である。徳次は、以前に清田監督の映画で主役を演じたことがあった。
 この時期、喜久雄の周辺では、喜久雄が東京に出て来たばかりのころを共に楽しく過ごした荒風の引退と赤城洋子の自殺未遂事件が起こっていた。この二つの出来事もあり、喜久雄は徳次の勧めに応じて気の乗らない映画出演を決心する。
 その役は、歌舞伎の女形だった兵士というものだった。はじめは、歌舞伎役者を使うのを渋っていた清田監督だったが、ふと奸策をめぐらすような表情をして、喜久雄の起用を決めた。

 撮影ロケ地は、沖縄の小島という過酷な現場だった。撮影で、喜久雄の演技は清田監督から徹底的に否定される。何度やり直しても、喜久雄には「カット」がかけられ、挙句の果てに、喜久雄のせいで、撮影中止となる日が続く。清田監督の集中攻撃を受ける喜久雄に、誰もが同情する。しかし、それが連日続くと、喜久雄の失敗のせいで撮影が進まないと、キャストやスタッフも思い込むようになる。喜久雄も、自分の演技がどうしようもないのかもしれないと思い、監督に謝ることさえできなくなる。
 撮影現場全体が、喜久雄のせいでうまくいかないのだという雰囲気に支配される。そんな状況に追いつめられたある夜、喜久雄は何人もの男たちに部屋に踏み込まれ、暴行を受ける。喜久雄は、自分が大した役者じゃないから、こんな目に遭うのだと、抵抗さえしない。
 撮影が終わり、東京に戻った喜久雄は、連夜クラブで飲み潰れている。そんな喜久雄のもとに、『太陽のカラヴァッジョ』が、カンヌ映画祭で最高賞を受賞し、喜久雄の演技も高く評価されたとの知らせが入る。しかし、喜久雄はその知らせに「アホくさ」と応じただけだった。
 受賞のお祭り騒ぎに一切関わらないだけでなく、喜久雄はそれ以来体調を崩し、都内の病院へ入院してしまった。