朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第28回2017/7/21  第6話 龍宮の友達①

あらすじ
 睦美は、イラストレーターだがビルの清掃のパートもしていて、夫と高一の娘の三人暮らし。細田さんは、六十代半ばのパートの同僚で、一年前に夫を亡くしていた。
 睦美は、娘の日芙美が学校に行こうとしないし、夫が不倫をしているらしい悩みを抱えている。睦美は、細田さんと特別に親しい訳ではなかったのに、自分の悩みを打ち明ける。細田さんは、それを静かに聞いてくれた。
 睦美は、悩みを持ちながらも、実家の地元のチーム白馬FCの試合を観に行くようになる。

感想
 第六話の主人公も、近頃では珍しくない境遇にある。でも、不登校と不倫が珍しくないと感じるようになったのは、いつ頃からなんだろう?
 それに、イラストレーターという本業がありながら、パートもするというのも普通のことになった。
 本当に世の中変わったもんだ。