朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第255回2017/9/19

 幸子が復活した。「口うるさい梨園の姑」いかにも、幸子のはまり役だ。
①興行面の計画は着々と進んでいる。
②歌舞伎界の後ろ盾は、小野川万菊が控えている。
③経験豊かな幸子は肚を決め、春江はその幸子やお勢の気持ちをつかんでいる。
 これで、俊介の舞台復帰の準備は万端だ。特に、春江、一豊、幸子、弟子や使用人がしっかりと気持ちを一つにしているのが、大きい。
 一方、喜久雄は、はしごを外されたも同然だ。喜久雄にも子はあるが、娘では歌舞伎役者の跡継ぎになり得ない。大阪の屋敷をたためば、喜久雄の借金は軽くなるが、それも喜久雄を丹波屋から離れさせることにしかならないだろう。
 喜久雄、三代目半二郎には、興行面を仕切る人物も、大御所の後ろ盾も、歌舞伎役者を支えられる家族もいない。
 それこそが喜久雄本来の姿でもあるのだが‥‥