朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第266回2017/9/30

 風向きが変わって来たように感じる。竹野の思惑通りには進んでいない。
 この劇評では、半弥よりも万菊の方が高く評価されている。それに、竹野や万菊は、俊介復活の演目としては、『加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)』の方を重視していたのではないかと思う。
 やはり、喜久雄が『娘道成寺』を観ただけで劇場を去ったのには何かわけがありそうだ。