予想1
 千五郎は、喜久雄を大役につける。三代目半二郎は、悪役としての世間のイメージを逆手に取って、この役で大いに注目される。

予想2
 喜久雄の人気が上がったこともあって、俊介のその後の公演はますます評判となる。

予想3
 彰子は、何事もなかったように婚約者と結婚する。

 春江が再び姿を消す。

予想4
 物語・小説の舞台は、観客・読者のいくつもの疑問を残しながら、転換する。
 次の幕・章は、三十代だった喜久雄と俊介の数十年後から始まる。