朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第296回2017/10/31

 俊介と春江の子は、一人だと思い込んでいた。ところが、一人っ子だとすると子どもの年齢が合わない。
 俊介と春江が、豊生を抱いて二代目半二郎に謝りに行ったのが、家を出てから一年半ほど経ったころだった。
 竹野が俊介を発見したのは、俊介が家を出てから十年近く経っていた。俊介とともに発見された春江は、十年ぶりに再会した喜久雄に、子の一豊がもうすぐ三歳になると言っていた。
 豊生がいるならば、九歳くらいになっていたはずだ。

 もう一度、俊介出奔後の経過を整理してみる。
①出奔から一年半後  
  俊介と春江、子の豊生を連れて、二代目半二郎に謝りに来る。
②出奔から三年後
  二代目半二郎(白虎)と喜久雄(三代目半二郎)の同時襲名。襲名披露の舞台で白虎倒れる。
③出奔から四年後 ※白虎の病室の場面で、襲名披露が昨年とある。
  白虎の死。  
④出奔から十年後 
  俊介と春江と一豊が発見される。俊介一家は実家に戻り、俊介は舞台に復帰する。

 ①で、舞いの試験に合格できなかった俊介に、二代目半二郎は、「あと一年だけ待ち、それでもダメだったら、半二郎の名を喜久雄に継がせる」と言った。その結果が②だった。ということは、俊介が再びの試験にも合格できなかったか、父の前にその後現れることがなかったかのどちらかだろう。