第十二章反魂香(第十二章あらすじ)を振り返ると、どうしても気になる。
 豊生を亡くした俊介は、それから間もなく喜久雄の襲名を聞いたであろう。
 我が子を失い、その上に実の父から、跡継ぎとしての力がないと見限られた。
 この絶望から、どうやって、俊介は這い上がったのか。そして、それはいつ物語られるのか。