朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第410回2018/2/21

 俊介の思いを想像すると、いたたまれない。喜久雄もなんとも辛い気持ちであろう。