朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第411回2018/2/27

 小説は、佳境に入った。
 
 過酷な俊介の運命。
 人間を超えた存在を舞台上で感じる喜久雄。

 万菊の舞台に感じた二人の違い404回感想がどう表れてくるのか?