新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第回2018/7/30 朝日新聞

 姉が話したいこととは、別れて会うことのなかった父についてのことだろう。
 姉が緊張している様子から、家を出て行った父が、その後安定した生活を送っていたとは想像しづらい。不安定な生活をしていたとするなら、経済的な面でも人間関係の面でも誰かに頼らなければならない老人の立場になっていることが予想できる。