新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第157回2018/11/9 朝日新聞

 和泉台ハイツに住むようになってからの洋一郎の父、石井信也は、周囲の人に強い印象、しかもいい印象を与えていたように感じる。それは、大家さんや和泉台文庫の田辺さんが、洋一郎に話してくれたことからわかる。
 サイジョウさんの反応も、仕事上の対応以上の感じがする。