新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第175回2018/11/28 朝日新聞

 カーネーションの疑問173回感想が解けた。神田さんは、いかにも仕事一筋、しかもサラリーマンなどとは違う仕事の感覚の持ち主だ。その神田さんが、よき仲間としていたノブさん(洋一郎の父)もまた、仕事に関しては職人気質というか、一匹オオカミのプロだったのだろう。
 西条さんは、洋一郎の父の自分史をあきらめていない。仕事ではなく、神田さんと西条さんによる、父の自分史作りが始まりそうだ。洋一郎は、それに付き合わないわけにはいかなくなるのではないか。

 多摩ハーヴェストに新しく入る後藤さんのこと、洋一郎の母に何か変化があったらしいこと、この二つが棚上げになっている。