新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第213回2019/1/7 朝日新聞

「一番大事なコツは、ひっくり返さないことだ。背中から焼いていったら、最後まで背中だ。(略)」

 この言葉を言わせたくて、居酒屋の場面を選んだような気がしてきた。神田さんは、父のよくない面を表に出すな、と言いたいのだ。そして、洋一郎もそれを十分に承知した。承知しながら、「ひっくり変え」そうとしている。