父親失格でない人が、今の世間にいるのだろうか?
 息子を独立した人格として認め、息子の自主性を大事にして息子の個性を伸ばす育て方をする。老いた父は、息子に尊敬されながら息子とは別の暮らしをする。
 そういう父親が父親合格なのか?そんなのは、嘘くさい。
 父親だれしもが、後藤さんの要素を持っていると思う。ただ後藤さんは、息子の学校での成績や就職先、そして自分の会社での位置に重きを置き過ぎている。そこが、つまづきの原因であり、立ち直れない理由だと感じる。