新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第399~402回2019/7/18~7/21 朝日新聞

 洋一郎に共感はできないが、ストーリーは奇想天外になってきた。おもしろいと言えばおもしろい。洋一郎は、今度は、神田さん(父の唯一の友人)から川端さん(父のアパートの大家)になった。
 だいたい川端さんという登場人物はなんなんだろう?他人に優しく他の人をなによりも大切にする人だとでも言うのだろうか?