新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第403回2019/7/22 朝日新聞

 穏やかに微笑(ほほえ)んで、「部屋の掃除ができるのは、幸せな証拠です」と続けた。「反面教師の私が言うんですから、間違いありません」

 後藤さんの別の一面を見せられたようだ。確かに当たっている。特に独り暮らしの老人が、自分の住まいをこざっぱりさせておけるのは、その人に余裕と幸福感があるからだと思う。