「僕」」は、悪魔に慣れ親しんでいるが、神と意識的に出会うのは初めてなのかもしれない。

 「悪魔」に対立する存在は、「天使」かと思っていたが、そうではなくて、「神」なのであろう。「神」と「悪魔」によって形作られる世界に溶け込むのは、大変そうであり、楽しみでもある。