病気以前の状態に戻すという目標での「闘病」は、私になかったのだ。
 「病気にかつ」ことはありえなかった。その意味では、「がんにまけない」「がんを克服する」などの言葉や経験談は役に立たないどころか害にさえなった。
  すい臓を取った者がすい臓のあった身体に戻ることは、なかった。