本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

カテゴリ: 沢木耕太郎作『波の音が消えるまで』あらすじと読書感想

『波の音が消えるまで』 沢木耕太郎 新潮社 第五章 あらすじ《あらすじ》 劉さんからバカラの目の読み方を聞き、航平は賭け方に自信が持てるようになる。航平はますますバカラにのめり込み、勝ちも増えていく。 マカオのホテルに泊まり続ける航平と、売春婦の李蘭は何…
>>続きを読む

『波の音が消えるまで』 沢木耕太郎 新潮社 第一~四章 あらすじと読書感想 四章の後半に来て、一気にストーリーが展開した。《あらすじ》 主人公伊津航平は、ふっと手を出したバカラ賭博にすっかり魅せられ、数日で日本に帰る予定だったマカオから離れられなくなって…
>>続きを読む

『波の音が消えるまで』 沢木耕太郎 新潮社 第一~第四章 読書感想《感想》 バカラについての描写が冒頭から続いている。 私は、賭けのないゲームであってもバカラに全く縁がない。それどころか、賭け事、勝負事に興味を持てない。例え、付き合いでも、競馬で馬券を買…
>>続きを読む