本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

カテゴリ: 新聞連載小説 吉田修一作 国宝 の感想

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第70回2017/3/13 立花の家は、その稼業からしても世間の家とは全くの別物であろうことは想像に難くない。 それに、負けず劣らず花井の家も一般の家とは桁外れの違いだ。だいたい、徳次が喜んで食っているご飯は、遅い朝飯なのか昼飯なのか…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第69回2017/3/12 喜久雄の人物像は、短い会話を通して伝わってくる。①新年会の舞台後の徳次との会話。ヤクザの親分の一人息子が背伸びをしている姿を感じた。②鑑別所から逃げて来た徳次との会話。それまで見せなかった意地の強さを持って…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第68回2017/3/11 あとで分かることですが、この源吉、元は半二郎付きの弟子だったのですが、芸よりもその忠義心を買われまして、俊介の養育係と言いましょうか、男ながらの乳母とでも申しましょうか、とにかくおむつのころから、人気歌舞伎…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第17回2017/3/10 ようやく徳次が目覚めたようだ。 肌色で、喜久雄と俊介の違いを際立たせている。 同い年、同じ家で暮らすことになりそうな二人。しかし、育ちはまるで違う。 家の中の喋りと、乱闘騒ぎの納め方の対比が鮮やか。 ヤクザ…
>>続きを読む

 尾崎という登場人物は、今後どのように扱われるのだろう? 尾崎について整理してみた。①権五郎が存命のころは、徹底して喜久雄のことを嫌っていた。②夜の街で、喜久雄を殴ったときは、喜久雄だけでなく、春江を叱っている。③喜久雄の敵討ちのときは、結果的には喜久雄…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第65回2017/3/8どちらもよく磨かれた廊下でありながら、極道の家のは、長年、男たちが裸足で踏みつけてきたもので、逆にこちらはそこから女たちの素足が連想されるのでございます。 これは、誰がこう連想しているかというよりは、語り手の…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第64回2017/3/7 番頭の源吉という人物、粗忽で調子のいい人なのか、気のきく働き者なのか、まだ分からない。どちらにしても、喜久雄と徳次にとって、大阪での生活はこの番頭の言うがままになっている。 振り返ってみると、第一、二章では…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第63回2017/3/6昨夜、番頭の多野源吉にラーメンをご馳走(ちそう)になったあと、どこかの御屋敷町に着いたのが朝の五時まえ、(略) 早朝四時に大阪駅に着き(61回)、ラーメンをご馳走になり、半二郎の屋敷に入って、寝てしまった。初め…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第62回2017/3/5 迎えの源さんは、二人を「坊(ぼん)ら」と呼んでいる。 列車内では、声をかけた車内販売のお姉さんに、子ども扱いされた。ガラス窓に映った自分の顔を眺めた喜久雄は、ああいう都会の女からすれば、自分などまだ子供に見…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第61回2017/3/4 喜久雄にも徳次にも、不安感はなさそうだ。不安よりも物珍しさの方が勝っている。特に大都会は初めての徳次は、自分がいつ捕まるかもしれないという警戒心はどこかへ行ってしまったようだ。  大きな看板の企業名を見ると…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第60回2017/3/3 長崎駅名物と言われます教会風の三角屋根を冷たい雨が叩いております。駅舎の白壁を飾る贅沢なステンドグラスも、今日は日の光を失って悲しげであります。(51回)  列車のなかでは、ガラス窓に顔をつけました喜久雄が、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第59回2017/3/2 列車ではしゃぐ二人の様子は、やんちゃな中学生の修学旅行のようで、私には懐かしくもある。 喜久雄は故郷を追われたヤクザの息子、徳次は鑑別所脱走の身だ。やんちゃな十五、十七の少年なのか、それとも手に負えない非行…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第58回2017/3/1 ストーリーの想像(予想)が、ことごとく外れる。連載のストーリー予想は、当たっても外れても楽しいが、ここまで外れると少々悔しく、恥ずかしくなる。 辻村が出て来るかもしれないとは思ったが、尾崎が絡むとは予想しな…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第57回2017/2/28 徳次が登場すると、なんだかホッとする。脱走の身であり、敵討ちに誘った男なのに、憎めない所がある。組に入ったきっかけや、野良猫に餌をやる、寺の屋根裏で手を合わせたなどの話に、人柄が出てくるのだろう。 今回での…
>>続きを読む