本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

カテゴリ: 国宝 あらすじ 朝日新聞連載小説

第126~150回 第六章 曽根崎の森の道行 あらすじ 楽な儲け話があると北海道へ向かった徳次と弁天だったが、その話は全く違っていて、二人は辛い労働をさせられる。騙されたことに気づいた二人は、出発から一月後には北海道の飯場を逃げ出す。無一文の二人だったが、見ず…
>>続きを読む

101~125回 第五章 スター誕生 あらすじ 第四章から四年近くの歳月が流れ、第五章 スター誕生は、昭和45(1970)年4月の時点になっている。 喜久雄は、花井東一郎を襲名し、京都南座で端役ながら初舞台(昭和42年喜久雄17歳)を踏んでいた。 しかし、当時は関西歌舞伎…
>>続きを読む

第四章 大阪二段目76~87回  舞台は、長崎から1965(昭和40)年の大阪へ移った。喜久雄と徳次が、大阪の歌舞伎役者花井半二郎の下で暮らすようになり、ほぼ一年が過ぎた。 その大阪へ、喜久雄を追うように春江も出て来ていた。春江は、喜久雄と徳次が準備した安アパート…
>>続きを読む

51~60回 ドスに手応えはあった。が、それと同時に体育教師尾崎の体当たりを食らって、喜久雄は弾き飛ばされた。宮地の傷は浅いものだった。 傷の手当てに、医務室へ行った宮地の大親分に、尾崎が次のように、話を持ち掛けた。 「今回の刃傷沙汰を公けにすると、失敗はし…
>>続きを読む

26~37回 立花組組長権五郎の腹に二発の銃弾を撃ったのは、権五郎が味方と思っていた愛甲会の辻村だった。辻村が権五郎を撃った現場には、役者の花井半二郎以外には誰もいなかった。 親分亡き後の立花組を仕切ったのが、この辻村であった。殴り込みをかけた宮地組は、事件…
>>続きを読む

1~14回 長崎の名門料亭花丸では、立花組の新年会が盛大に開かれた。立花組組長の権五郎は、今や長崎の仁侠世界で実質的に一番の親分である。 招かれた親分衆の中に、見かけぬ顔があった。それは、愛甲会の若頭が連れて来た歌舞伎役者で映画俳優の二代目花井半二郎であった…
>>続きを読む