本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

カテゴリ: 重松清作 連載小説『ひこばえ』の感想

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第19回2018/6/20 朝日新聞 佐山夫妻を心配していた「私」の気持ちが伝わる。しかも、子ども喪った悲しみだけでなく、奥さんのことを心配していた佐山の心中を察していることも伝わってくる。 また、紺野とのいかにも学…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第18回2018/6/19 朝日新聞 この小説の第一章が、いよいよはじまった。 第一章冒頭から、「私」の性格がわかる。 この主人公は、平凡な勤め人で、社会に順応していて、目立つような個性の持ち主などではないと思う。だ…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第17回2018/6/18 朝日新聞 次回あたりからこの小説が本格的にはじまると感じさせる。 洋一郎が、小学校二年生のときに父と別れて、今五十五歳になっているのだから、四十七、八年ぶりの再会なのだろう。 姉が父と再会…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第15・16回2018/6/16・17 朝日新聞 両親の離婚、父がいなくなることの影響を、幼い子がどう受け止めるかが、列車の座席のことに表れている。 幼い子だけでなく、大人になっていても、家族の変化を実際はどのように感じ…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第14回2018/6/15 朝日新聞 幼い洋一郎が、両親の離婚があっても日常が坦々と続いたと思っていたのは、わかる気がする。そして、それは幼い頃の思い出だけでなく、五十代のいまもあまり変わっていないようだ。父の側に離…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第13回2018/6/14 朝日新聞 賢司さんが、母と姉弟の面倒を今後みるわけではないだろう。離婚した父に対する賢司さんの考え方は、正しい。その正しさは、世間的な良識に照らしてものだし、それよりは賢司さんの好悪に基づ…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第12回2018/6/13 朝日新聞 思い出と過去の記録は、違う。記憶の中でも、思い出は記録とは別のものになるのであろう。 父がいなくなったことが、洋一郎にとって重い思い出になるのかと予想したが、そうではないようだ。…
>>続きを読む

 両親の離婚の原因の多くが父にあったことを理解している現在も、思い出の父はよい父だと、洋一郎は感じていると思う。 煙草屋のおばさんにとって、小学二年生の男の子にとって、この父は親しみやすい人だったのは間違いない。それは、この父の性格の一面だったのだろう。…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第9回2018/6/9 朝日新聞 父についての洋一郎の記憶は、姉の言う通り、実際とはかなり違っているのであろう。そして、父についての姉の記憶も、一方的なものだと思う。それは、姉の記憶が、母の側から父を見たものだから…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第8回2018/6/8 朝日新聞 先日五十五年ぶりの中学校の同期会に出席した。参加者は顔を見ただけではまったく思い出せなかった。名前を確かめ合い、しばらく話しているうちに何人かを少しずつ思い出してきた。 会の後半、…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第6~7回2018/6/6~6/7 朝日新聞 姉の記憶の方が客観的なのであろう。 これだけ姉に「嫌な思い出」をもたせた父はいったいどんな父だったのか?家族を養う稼ぎがないや暴力を振るうだけではないような気さえする。 ま…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第4~5回2018/6/4~6/5 朝日新聞 洋ちゃんは、姉の熱心な言い分に感化されなかった。洋ちゃんは、友達の評判に同調しなかった。洋ちゃんは、太陽の塔、団地の給水塔が好きだった。そして、洋ちゃんの記憶では、ベランダ…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第回2018/6/2~6/3 朝日新聞 姉は、父がこいのぼりを買ってくれたことを、ほんの気まぐれで、洋一郎のことを大切に思ってのことではない、と言い張る。だが、私(洋一郎)の記憶では、父が丁寧にこいのぼりをベランダに…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第1回2018/6/1 朝日新聞 新連載が始まった。 挿絵の姉の表情がいい。小学校六年生の洋ちゃんが、姉の口調にひるんでいる光景が浮かんでくる。 ただし、挿絵はWEB版じゃないと、ここまで感じられない。印刷版を読んだ…
>>続きを読む