本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

カテゴリ: 重松清作 連載小説『ひこばえ』のあらすじ

新聞連載小説『ひこばえ』重松 清・作 川上和生・画 朝日新聞 第四章 和泉台ハイツ205号室 あらすじ

 洋一郎は、話す言葉を慎重に吟味して、父が死ぬまで暮らしていたアパート(和泉台ハイツ205号室)の大家(川端久子)さんに電話をした。電話で連絡のついたその日に川端さんと会い、父の部屋を見せてもらうことになった。
 待ち合わせ場所に現れた川端さんは、洋一郎を父の遺骨を預かってもらっているお寺に案内した。お寺の住職さんから遺骨についての説明を聞き、川端さんからは、父の遺骨を手元に置いてあげてはどうか、と勧められた。洋一郎は、父の遺骨をどうするか、はっきりとした返事ができなかった。
 お寺から父が借りていた部屋へ向かう途中、川端さんは、父が二、三年前までは工事現場で働いていたこと、家賃は遅れたことがなかったことを話してくれた。
 父の部屋には、『男はつらいよ』のDVD、池波正太郎の本などがのこされていた。その中に『原爆句集 松尾あつゆき』があり、それを見つけた洋一郎は、亡き父がどんな気持ちでこの句集を読んだのか、図りかねて唖然として呆然となった。
 部屋の中は、独り住まいの高齢の男性にしては、こぎれいでよく整頓されていた。
 川端さんは、この部屋に通ってきてゆっくり部屋の片づけをすることを洋一郎に勧めた。洋一郎も川端さんの言うとおり、時間をかけて父の遺品を整理してみたいと思った。
 川端さんは、別れ際に、父が使っていた携帯電話を洋一郎に渡した。その携帯電話のアドレス帳には三十人ほどが登録されていた。その末尾近くに、母<吉田智子>と姉<吉田宏子>と私<吉田洋一郎>の名前が電話番号なしで登録されていた。それを、見た洋一郎は、「嘘だろ‥‥」と声を漏らした。

新聞連載小説『ひこばえ』重松 清・作 川上和生・画 朝日新聞 第三章 父、帰る あらすじ 

 洋一郎に姉(宏子)から電話が入る。その内容は思いがけないものだった。出て行ったまま会うことのなかった実の父が死んだという。
 父(石井信也)は、一人暮らしをしていて急死したという。親類からも厄介者扱いされていた父が死んで、アパートの大家(川端久子)さんが立ち合い、火葬とささやかな葬式を済ませたという。
 その大家さんが、姉に、父が暮らしていた部屋を見てほしいと依頼してきた。死んだ父が暮らしていたアパートは、洋一郎の家の沿線にあり、洋一郎が父の暮らした部屋を見にいくことになった。
 
 洋一郎の母は、父と離婚し、実家のある備後で二人の子ども(宏子と洋一郎)を育てていたが、勧められて再婚をした。再婚相手は、長谷川隆で、妻(良江)をガンで亡くしていた。隆には、二人の子ども(一雄と雄二)がいた。この再婚同士の二人が一緒になったので、新しい家族は六人となった。
 隆(洋一郎にとって義父)は、五年前に八十歳で亡くなり、母は、備後市で、一雄と同居している。
 洋一郎は、自分の墓を考えると、長谷川家の墓に入ることはできないし、自分が育ち、母がいる備後に墓を建てるつもりにもなれないでいる。

新聞連載小説『ひこばえ』重松 清・作 川上和生・画 朝日新聞 二章 旧友の時計 あらすじ

 佐山が、洋一郎が施設長をやっている有料老人ホーム『ハーヴェスト多摩』の見学にやって来た。
 佐山夫妻は、五十代にして老人ホームに入りたいと思っていた。それは、一人息子を亡くしたことに起因していた。
 奥さんの仁美さんは、亡き息子の級友たちが成長する姿を見ることに耐えられなくなった。
 一方、佐山は、息子が級友に見殺しにされたという憎しみを忘れようとするが、どうしても思い出してしまう。
 その結果、仁美さんは、息子が生きていれば同じ年齢くらいの若い人たちを嫌うようになった。佐山は、息子の思い出と重なる子どもを見るのをキツいと感じるようになった。
 そこで、夫妻は、子どもも若者も見なくてすむ老人ホームに早く入りたいと考えたのだった。
 洋一郎は、現実的には五十代で入居すると、すでに入居している人たちとの年齢のギャップを埋めることが難しいことと、前払い金が割高になることを説明した。
 佐山は、洋一郎の説明を聞き、七十代、八十代になるまでは、老人ホームに入ることが非常に難しいことを理解し、早期に老人ホームに入るという気持ちを変えたようであった。

 別れ際に佐山が言った。息子が死んでからの夫妻の時間は、普通の時計ではなくストップウォッチだったと。それは、時間が経過しても、リセットボタンを押せば振り出しに戻る。つまり、時間が経っても、息子の死の時に夫妻の時間が戻ってしまう、と。

新聞連載小説『ひこばえ』重松 清・作 川上和生・画 朝日新聞 第一章 臨月 あらすじ 

 「私」(長谷川 洋一郎)と紺野と佐山は、大学時代からの友人だった。この三人が、顔を合わせたのは『よしお基金』の年次報告会だった。
 『よしお基金』とは、一人息子を亡くした佐山夫妻が起ち上げた基金で、AEDとAEDのトレーニングユニットを中学校や高校に寄付する活動を行っている。一人息子の芳雄くんは、中学校三年のときに、心室細動を起こして学校で突然倒れ、そのまま息を引き取った。学校にはAEDが設置されていたが、級友たちは誰も救命措置を取れなかった。佐山夫妻は、芳雄くんのような悲劇を繰り返してほしくないとこの活動を続けている。

 佐山は最初は公務員だったが、三十歳で税理士の資格を取り、四十歳のときに自分の事務所を起ち上げた。
 紺野は、広告代理店に就職し、その後にいくつかの会社を転職して今に至っている。彼は結婚していないし、子どももいない。彼の両親は八十を過ぎて、二人ともにあまり調子がよくないので、もうすぐ親と同居するのだという。さらに、もう二年経ったら選択定年で会社を辞めるつもりだと話す。
 洋一郎は生命保険会社に就職し、五十歳で関連会社に出向した。いまは、「ハーヴェスト多摩」という有料老人ホームの施設長をしている。彼は結婚しており、子どもが二人いる。娘の美菜は結婚二年目にして懐妊している。子が生まれれば、洋一郎にとって初孫となる。息子の航太は高校の教師をしていて、結婚はしていないので、洋一郎夫婦(妻、夏子)と同居している。
 洋一郎は、息子と娘、娘の夫と向き合って話すときには、いつも微妙なぎこちなさを感じてしまう。

 会合の別れ際に、佐山が、洋一郎に相談があると言った。

新聞連載小説『ひこばえ』重松 清・作 川上和生・画 朝日新聞 序章 こいのぼりと太陽の塔 あらすじ 

 洋一郎にとって、父の思い出はベランダにこいのぼりを飾ってくれる父であった。
 洋一郎が小学二年のとき、父と母は離婚して、父が家を出て行ってしまった。離婚の原因は、父が金にだらしがないことにあった。
 洋一郎の姉は、そんな父をひどく嫌っていた。
 まだ幼かった洋一郎に、父を嫌う気持ちはなかった。母と姉と洋一郎の三人で行った万博会場の人ごみの中で、洋一郎は、父を見たと思い、その人を追いかけているうちに迷子になるという出来事もあった。

 そんな父と、「私」(洋一郎)は五十五歳になって再会した。

↑このページのトップヘ