本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

カテゴリ: 重松清作 連載小説『ひこばえ』のあらすじ

新聞連載小説『ひこばえ』重松 清・作 川上和生・画 朝日新聞 第一章 臨月 あらすじ  「私」(長谷川 洋一郎)と紺野と佐山は、大学時代からの友人だった。この三人が、顔を合わせたのは『よしお基金』の年次報告会だった。 『よしお基金』とは、一人息子を亡くし…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松 清・作 川上和生・画 朝日新聞 序章 こいのぼりと太陽の塔 あらすじ  洋一郎にとって、父の思い出はベランダにこいのぼりを飾ってくれる父であった。 洋一郎が小学二年のとき、父と母は離婚して、父が家を出て行ってしまった。離婚の…
>>続きを読む