カテゴリ: 計っておいしい食品交換表ごはん



2020/9/13晩ごはん

誰が食べるかは、はっきりしているので、嫌いな物が出るはずがない。
嫌いなものは出なくとも、好きな料理・食材の中でもより好きなものがある。
DSC_5690 - コピー


DSC_5693 - コピー
トマトが大好きだ。
ただ生のそのままでも、料理してあっても好きだ。
サラダのトマトで、白飯を食べることができる。
チーズや酢があるとなおよい。

DSC_5694 - コピー
牛乳や乳製品が好きだ。
これは、ヨーグルトに自家製のトマトジャムを添えたもの。

DSC_5696 - コピー
枝豆、しかも自家製。
枝豆ととうきびは、茹でたてではなくて、もぎたてが味を左右する。
どんなに実入りがよくうまい品種の豆でも、収穫してからの時間が長いともぎたての味はでない。
その点、我が家の畑から収穫したものは格別の味。


DSC_5697 - コピー
煮魚。
魚を食うべし。

味噌汁は、ふ入り。
味噌味のしみ込んだふの味は、老年にならなければ分からない。
DSC_5698 - コピー

ああ、地元で採れた好物を食う。

毎食それほど変化があるわけではない。
作り手は一人、食べるのは作り手ともう一人。
いつも同じ夫婦の食事。
他の家庭と違うのは、食品交換表に基づいた食事ということだけ。
朝、昼、晩と似たような献立。
でも、毎食必ず食べるものがあるのは特徴だ。

2020/1/22朝ごはん
DSC_2813

2020/1/22昼ごはん
DSC_2816

2020/1/22晩ごはん
DSC_2821
それは、野菜サラダ。

※『糖尿病食事療法のための食品交換表』 編・著者 一般社団法人 日本糖尿病学会 第7版
一日 1840キロカロリー場合  
2020/1/22晩ごはん
・ごはん 白飯200g 表1 4単位
・みそ汁 味噌10g なめこ25g
・ニンジンソテー ニンジン40g 油2g ごま0.6g
・鮭の麹漬け  甘塩鮭80g(市販)表3 2単位 
・温サラダ 蒸しキャベツ100g 茹でブロッコリー55g 茹でカリフラワー23gミニトマト44g
・ヨーグルト ケフィア90g ラズベリー10 表2 0.05単位 表4 0.75単位
・おひたし 茹で白菜80g
・果物 キュウイフルーツ70g 表2 0.46単位

魚の料理は、煮魚がいい。
腹にやさしく、なんといっても魚の味が素直に出る。

DSC_2798


DSC_2799


DSC_2800


※『糖尿病食事療法のための食品交換表』 編・著者 一般社団法人 日本糖尿病学会 第7版
一日 1840キロカロリー場合

・ごはん 200g ・表1 4単位
・みそ汁 みそ10 ジャガイモ30 ナガネギ5 ・調味料 0.25
・サラダ 蒸しキャベツ100 キュウリ27 ミニトマト46 ・表6 173
・なます キュウリ40 砂糖 塩 酢 ・調味料40
・ヨーグルト ケフィア90 ラズベリー10 ・表2 0.05 表4 0.75
・煮魚 子持ちがれい76 ・表3 2.93 酒 醤油
・果物 ぶどう97 ・表2 0.53
※シイタケは追加でついた。

家庭菜園で、トマトが採れた。
DSC_5188

不揃いで、キズもある。
DSC_5193
早速、食卓へのせる。

※『糖尿病食事療法のための食品交換表』 編・著者 一般社団法人 日本糖尿病学会 第7版
一日 1840キロカロリー場合 
昼食

DSC_5199
①ごはん ごはん200g 表1 4単位
②みそ汁 みそ8g まいたけ25g ふのり 表5 26g 調味料0.2g
③なます ダイコン ニンジン 酢 砂糖 表6 38g
④サラダ 蒸しキャベツ 蒸しししとう キュウリ 他122g クリームチーズ12g 表6 122g 表5 0.24
⑤トマト トマト176g 表6 176g
⑥煮魚 まがれい 120g 表3 2単位
DSC_5200
トマトは、好きなので、まるごとがうれしい。

※『糖尿病食事療法のための食品交換表』 編・著者 一般社団法人 日本糖尿病学会 第7版
一日 1840キロカロリー場合

朝は、卵と高野豆腐
・目玉焼き ピーマン2コ17g 卵55g 表3 1.1.単位
・高野豆腐含め煮 しみ豆腐8g みそ 醤油 砂糖 表3 0.4単位 
DSC_5007
昼は、昨日の晩と同じ焼き魚
・焼き魚 甘塩鮭58g 表3 0.96単位
・冷ややっこ 絹ごし豆腐150g 表3 1.07単位
DSC_5012
夜は、肉
・冷しゃぶ 鶏むね肉160g 表3 2単位
・含め煮 しみ豆腐8g 表3 0.4単位  
DSC_5018
鶏肉の冷しゃぶ キュウリとポン酢で食べる。
DSC_5020
野菜と果物
DSC_5021



毎日少しずつ、我が家の畑のものが採れる。DSC_5087

















畑で採ったものを、すぐに食卓にのせる。
DSC_5091
















ひいき目に違いないが、我が家の収穫物が一番うまい。



DSC_3145

※『糖尿病食事療法のための食品交換表』 編・著者 一般社団法人 日本糖尿病学会 第7版

一日 1840キロカロリー場合

⓵パン ・食パン60g ・フランスパン62g  表1 4.06単位
    ・バター6g ・ジャム3個 表5 0.6単位
②ソテー ・ショルダーベーコン20g ・ちち゛み菜25g
     ・オイル2g ・塩 ・胡椒
③スープ ・野菜ジュース95g・コンソメ少々
④盛り合わせ ・カマンベールチーズ23g・カニカマ38グラム 表3 1.15単位 0.47単位
⑤ナッツ アーモンド8g 表5 0.53単位


・パンが2種類あるので、それぞれのパンとおかずの組み合わせを楽しめる。
・③の野菜ジュースは、市販の野菜ジュースにコンソメを入れ、温めただけ。野菜好きの私には、とっても食べやすい。パンとの組み合わせでは、手の込んだスープよりもよいくらいだ。
・④のカニカマは、単位数合わせの意味もあるが、チーズとの相性は悪くない。

※『糖尿病食事療法のための食品交換表』 編・著者 一般社団法人 日本糖尿病学会 第7版
一日 1840キロカロリー場合
DSC_3375


DSC_3376いss
煮魚のカスべがいい味だ。
食品交換表による食事ではなかったときと、魚全般、特に煮魚はまるで、違う味がする。
嗜好が変わったと言えばそれまでだが、それだけではない。
一食の組み合わせ、献立全体のバランスが、それぞれの料理に影響しあっているのだ。

⓵ごはん 200g 表1 4単位
②みそ汁 ・みそ10g・エリンギ25g・タマネギ25g・だし 表6 50g
③煮魚 ・かすべ10g 表3 1単位
④サラダ ・蒸しキャベツ100g ・紅クルミダイコン20g・茹でモヤシ50g・茹でスナックエンドウ27g ・ピクルスのタマネギ11g
⑤漬物 柴漬け10g
⑥果物 ・リンゴ80g 表2 1単位
⑦バター 表5 0.5単位

サラダは、いつも豊富に出るが、ドレッシングは使わない。
今朝のサラダは、ピクルスのタマネギがサラダ全体の味を引き締めている。

DSC_3373
①ごはん
②みそ汁
③焼きナス
④なます
⑤サラダ
⑥おひたし コマツナ
⑦焼き魚 シシャモ 82 2単位
⑧果物 リンゴ85 1単位
⑨ヨーグルト

シシャモは、冷凍保存してあるものを焼く。
サラダの他に、焼きナスとダイコンなます、コマツナのおひたし、それにみそ汁にはエリンギとナガネギ。
今晩もたっぷり野菜で、ごちそうさま。


DSC_3371
①ごはん 白飯 表1 4単位
②みそ汁 ナガネギ他
③納豆 表3 1単位
④卵焼き 表3 1単位
⑤サラダ 茹でモヤシ 蒸しブロッコリー 他
⑥おひたし コマツナ かつお節
⑥漬物 柴漬け

典型的な表3・2単位のメニュー。
特徴は、サラダ+コマツナのおひたし、更にみそ汁。
みそ汁は、具沢山、みそは薄味。
サラダは、ドレシングは使わず、アマニオイルを少量かけるだけで、野菜の旨さが生きる。
卵は、有機飼料の有精卵にしてから、一段と旨味が増した。
納豆と卵焼きで、白飯が足りなくなりそう。

↑このページのトップヘ