朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第120回2017/5/3 読んでいるこちらまで緊張してくる。  この大舞台をしくじったら、スター誕生どころではなくなるのではないか? その上、半弥はともかくとして、東一郎には今後大役は回ってこないのではないか?  舞台…
>>続きを読む